工務店のデメリット

新築住宅を建てる時に工務店に依頼しますか。
それとも大手ハウスメーカーでしょうか。
一般的には工務店の方がメリットは大きいと言われているのですが、デメリットがないわけではありません。

そのことをしっかりと把握した上で、新築住宅の計画を立ててください。
もちろん、新築の住宅だけが選択肢ではなく、中古住宅や建売も検討していいでしょう。
デメリットの多くは会社の規模が小さいために発生ます。
例えば、ショールームがないとか、営業活動が社長一人に頼っているとか、流行のデザインや技術を知らないと言ったことです。
これらは工務店の職人さんの技術力に依存する部分が大きいため、年齢による差も大きくなります。
現代のようにインターネットが普及して、家の材料などの情報を簡単に入手できる時代になっても変わりません。
家を建てることはそれだけ大きな作業なのです。
また、規模が同じような工務店でもその施工レベルには違いがあります。
それを注文時には判断できないことが問題となることもあるのです。
アフターサービスについても体系化されているわけではありません。
自分たちができる範囲で行っているだけだからです。
大手メーカーのように専門の営業マンがいるわけではありません。
地域に根差している分だけ、人の技量に頼ってしまうのです。
これらのデメリットはそのままメリットにもつながります。
後は施工主であるあなたたちが判断すればいいでしょう。
新築の家に住むのはあなたたち家族だからです。
インターネットの情報に惑わされずに判断してください。
即日融資で審査の甘い中小消費者金融