ふくらはぎのダイエットが難しい理由

女性がプロポーションを美しく保つには、ふくらはぎが引き締まっていることがとても大事です。引き締まった下半身を維持することができれば、ショートのスカートなどを自信を持ってはきこなすことができるでしょう。

しかし、部分痩せダイエットの中で最も難しいと言われるのが、ふくらはぎダイエットです。ふくらはぎダイエットが難航している人に多い現象として、どうしてふくらはぎが太く見えているのかを解明できていないことがあります。ダイエット効果を高めるためにと、毎日のようにスクワットなどの筋トレをしている人もいますが、その方法では痩せられない人もいます。ふくらはぎの場合、逆に筋肉がつきすぎて見栄えが悪くなってしまっている可能性もあります。それなのに、筋肉増強効果のある筋トレを続けていると、ふくらはぎが太くなってしまうでしょう。ふくらはぎまわりの筋トレは、皮下脂肪が多く痩せやすいだろうと判断された人でも使いづらいことがあります。これは、ふくらはぎに隠れた筋肉があり、脂肪や老廃物が凝り固まりセルライトとなって、筋肉を覆っている状態になっています。そんな状態で、脂肪燃焼効果を期待して筋トレをしても、筋肉が増強されるだけでセルライトは減らず、ダイエット効果は得られないということになります。皮下脂肪と入り交じったセルライトがスムーズに代謝されるよう、風呂から出た後にはふくらはぎのマッサージがおすすめです。適度な筋力トレーニングとセルライトを作らないようにするためのふくらはぎのマッサージを続けることが、美しいふくらはぎを維持するためのポイントと言えます。
ミケンディープパッチ